面会交流権とは?

 

似顔絵4.jpg

 

離婚をすると、夫婦は別に暮らすことになりますから、

たいていの場合は、片方の親が、親権者として子供と一緒に暮らすことになります。

子供と離れて暮らす親が、離婚した後、子供と会ったり、

連絡する権利のことを面会交流権といいます。

 

日本の法律では、、離婚した場合には、片方の親に親権が移るとされ、

離婚後、別れた親と会うことのないことも大多数ですが、

諸外国では、離婚しても、双方の親に親権が残ることになっています。

欧米では、子供のために、離婚しても、隣の部屋に住んだり、同じマンションの中に住んで、

交流することも多いそうです。

 

お子さんの気持ちを考えた場合、お子さんにとっては実の父であり、母です。

もし、別れた親に会いたいと思っているとしたら、会わせてあげたいものです。

また、定期的にお子さんに会い、成長を楽しむことによって、

養育費がきちんと払われるケースも多いです。

 

離婚のときに、感情的にならず、子供さんの気持ちも尊重して、話し合うことが必要です。

最近の離婚届けにも、養育費とともに、面会交流権の話し合いがされたか、

チェック欄が出来ました。

 

ただし、もちろん、DVなどで、子供さんがかわいそうな思いをした時、また、子供さんが

会いたくないとの意思表示をした場合には、面会交渉権は認められません。

▲このページのトップに戻る