協議離婚とは

 

HP写真.jpg

 

離婚には、協議離婚、調停離婚、審判離婚、判決離婚、承諾離婚、

和解離婚の6種類があります。

我が国では、9割以上が協議離婚です。

また、行政書士がトラブルにならないようなご相談に応じるの

も、この協議離婚です。

ここでは、協議離婚についてお話します。

 

協議離婚とは、夫婦で話し合って、合意して離婚届を提出するものです。

それが受理されれば、離婚は成立します。

夫婦二人だけで話し合うということで、第三者が立ち会う必要がない分、プライバシーは守られますが、

話し合いが不十分なままに、離婚届を提出してしまうという事にもなりかねません。

 

離婚することによって、その後の生活が不幸にならないように、

離婚届を提出する前に、法的ルールにのっとって、話し合いをすることはとても大切です。

離婚するのに、いまさら…と思われるかもしれませんが、

赤の他人になってから、トラブルが発生すると、よりややこしくなってきます。

いわば、夫婦としての最後の共同作業です。

但し、夫婦の会話であるという甘えは捨て、交渉事だと思って、

冷静に慎重に話し合いを進めていって下さい。

 

わたしたちは、この話し合いを見守っていきます。

分からないことがありましたら、なんなりとご相談下さい。

 



 離婚にあたって前もって考えなければならないこと

離婚届を提出する前に、決めておかなければならないことは、以下のようなことです。

しっかり話し合って、きちんと取り決めて下さい。

 

〜離婚は夫婦の問題ですが、影響を受けるのは、お子さんです〜

  ・お子さんの戸籍と姓

       →詳しくはこちら

  ・お子さんの親権者

       →詳しくはこちら

  ・養育費

       →詳しくはこちら

       →算定表へ (東京大阪家庭裁判所HPより、PDFファイル)

       →養育費に関するLINK集

  ・面会交流権など

             →詳しくはこちら

 

〜「早く離婚できるなら、財産も養育費もいらない」なんて思っているい人もいるかもしれませんが、

  現実を考えれば、お金も大切です〜

  ・財産分与

    結婚してから、発生した財産は夫婦の共有財産。専業主婦でも当然です。

  ・慰謝料

  ・住宅ローン

  ・年金分割

  ・離婚後の生活の問題など

    住まい、仕事、子供の学校、その他生活するに必要なこと。

 

離婚届の証人いたします

離婚後のご相談・アドバイス

 

協議離婚の手続きの流れ

STEP1

夫婦による離婚の話し合い

離婚の意思の確認、未成年の子どもの戸籍、姓、親権、養育費、面会交流権

財産分与、慰謝料等についてしっかりと話し合いをしましよう。

STEP2

離婚協議成立

話し合ったことを書面(離婚協議書)にしましょう。

のちのちのトラブルを考えれば、公正証書にすることをお勧めします。

STEP3

離婚届の作成

夫婦の署名・捺印、成人の証人2人の署名・捺印。

子供の親権者等の記入をします。

最近は、養育費、面会交流権の話し合いをしたかどうかの

チェック欄も設けられました。

STEP4

離婚届の提出

市区町村役所の戸籍係に

STEP5

離婚成立

あなたの新しい人生のスタートです。

STEP6

離婚後の手続き

新戸籍の設立、一人親に関する福祉的手続き、子供の転校手続きなど、

新しい生活に向けて、もう一歩、頑張りましょう。

協議離婚サービス

 

※その他、協議が長引きそうな場合には、

月単位での相談料(一定金額で、何度でも

ご相談できます)システムもあります。

ご利用下さい。

         内容     料金
離婚相談 5,000円/1時間
離婚協議書(添削) 21,600円〜
離婚協議書(原案・完成まで) 43,200円〜
離婚協議書(公正証書完成まで) 54,000円〜
公証役場代理人 10,800円〜
示談書・合意書 32,400円〜
内容証明(本人名送付) 21,600円〜
内容証明(行政書士名送付) 32,400円〜

その他のページのご案内

遺言
 
相続
 
成年後見任意後見
         
__sozai__/0003267.png   __sozai__/0005071.png  

→ 遺言についてのご案内

 

→ 相続についてのご案内

 

→ 成年後見・任意後見についてのご案内

お気軽にご相談ください
03-6761-0917
 090-9243-2221

受付時間 : 9:00〜18:00(日・祭除く)

フォームからのご相談はこちら
▲このページのトップに戻る