離婚届を受理されないようにするには

 

似顔絵4.jpg

 

感情的に離婚届にハンコを押して、相手に渡してしまったものの、

一夜明けて、やっぱり離婚したくないと思ってしまったら?

 

最後の最後まできもちが揺れ動くのも、しかたのないことです。

また、ケースによっては、相手方に勝手に離婚届を提出されることも

考えられます。

協議離婚は、離婚届を受理されることによって、成立します。

後悔後に立たず・・・?

いえいえ、まだ方法は残っています。

 

離婚届には、不受理申立ての手続きがあります。

これは、離婚の合意がない場合に、相手が勝手に

離婚届を提出してしまう可能性のある場合などに

役所に離婚届の不受理申立書を出しておくことです。

これにより、相手がいくら離婚届を提出しようとしても、役所では、

不受理申立書が出ていることを理由に離婚届を

受理しません。

この不受理申立書は、不受理申立取下書を出すことによって、

撤回することができます。

いいかえれば、不受理申立書を提出したけれど、離婚の決心がつき、

離婚届を提出する場合には、不受理申立取下書を提出してからでないと、

受理されません。

 

▲このページのトップに戻る