離婚後の年金は?

 

似顔絵4.jpg

 

平成19年から夫婦が離婚したときには、年金を分割するシステムが、

法律によって認められることになりました。

 

分割の対象期間は、婚姻期間中であれば、平成19年4月以前の年金も対象となります。

ただし、平成20年3月までの年金については、

分割割合を夫婦で話し合って決めるか、家庭裁判所で決めてもらうことになります。

それが決まれば、社会保険事務所に標準報酬の改定、または、決定の請求をすることになります。

そして、この請求は、離婚してから2年以内にしなければなりません。

 

一方、平成20年4月からは、第3号被保険者(たとえば、サラリーマンの妻)は、

離婚するまでの期間についての年金のうち、妻の取り分は、自動的に2分の1ななります。

 

なお、年金の分割が認められているのは、厚生年金と、共済年金で、

国民年金については、認められていません。


▲このページのトップに戻る