遺言

こちらでは遺言についてお話させて頂きます。

 

遺言

 

遺言とは、自分の意思に従って、自分の財産を処分することを死後に認める制度のことをいいます。

自分が死んだ後で、残された家族がもめないよう…

愛する家族に残す最後の大切な手紙なので、皆さんに書いて頂きたいと思っています。

そんな中でも、特に遺言作成をお勧めする場合があります。

 

まずは、お子さんのいないご夫婦です。

お子さんのいないご夫婦は、互いが亡くなると、残った配偶者がすべての財産を

相続すると思われがちですが、実はそうではありません。

亡くなった方の父母が生きていれば、その父母も、

父母が亡くなっていても、亡くなった方に兄弟がいれば、その兄弟が、

その兄弟が亡くなっていたら、その子供(甥姪)

配偶者と共に、相続人となるのです。

 

子供のいない夫婦と相続の話

 

 

障がいがあって、判断能力のないご家族のいる方にも、遺言書はぜひ必要です。

公正証書遺言の方がよいでしょう。

相続がはじまると、相続人全員で遺産分割協議書を作成しなければなりません。

その時に、判断能力のない人は相続人にいると、この遺産分割協議書が作成できないことになります。

こうした場合にも、遺言書があれば、故人の意思が尊重されるため、

あなた自身の書いた遺言書によって、相続手続きがなされることになります。

 

あしすと絆 遺言・相続

 

そのほか、

・離婚・再婚等で、家族関係が複雑な方。

・法定相続人以外の人に遺贈したい場合。

・家業や農業など、子供に継がせたい場合。

・法定相続と違う割合で相続をさせたい場合。

・相続人がいない場合。不動産など、分割しにくい財産がある場合

には、ぜひ、遺言書作成をお勧めします。

 

<遺言サポート>

 

自筆証書遺言

 

遺言を書こうとしている人が自ら、遺言の全文、日付、氏名を自筆で

書き、押印したものをいいます。

PCで作成したもの、代筆では遺言書として認められません。

遺言の内容、存在を秘密にでき、作成も簡単で、費用もかかりません。

ただし、遺言書を書いた人が亡くなった場合、その遺言書を発見した

人、または、預かっていた人は、家庭裁判所に検認の手続きをしなけ

ればなりません。

また、書式が不十分な遺言書は、せっかく残しても正式な遺言書と認められないこともあります。

それに、遺言書を作ったことを秘密にしたまま、亡くなった場合には、

せっかく作った遺言書なのに発見されない場合も起こり得ます。

自筆のため、書き直される恐れもあり、紛失の心配もあります。

自筆証書を書く時は、是非、ご相談下さい。

あなたが書き上げた遺言書の確認もいたします。


検認とは?

 

 

公正証書遺言

 

公証役場で、証人2人の立ち会いの下、公証人が遺言者の意思を文書にして作成するものです。

公証役場で、作成しますから、裁判所での検認は不要です。

様式不備で無効になることもありません。

また、原本は、公証役場で保管されますから、変造・偽造の心配もありません。

寝たきりの人には、公証人が出張もしてくれます。

ただし、公証人や証人に内容が知られることになります。

もちろん、公証人、証人共に守秘義務がありますが。

また、作成に際し、公証人に対して、財産に応じた費用がかかることもお忘れなく。

 

当センターでは、遺言作成に必要な書類の取り寄せ、公証人との打ち合わせ、

立ち会い証人など、公正証書作成のサポートをさせて頂きます。

 

 

 

<遺言書を書く時に大切なこと>

 

遺言書は、家族に残す最後の手紙です。できれば、残された家族がトラブルを起こすことは

避けてあげたいものです。

遺言書では、法定相続分と違う内容の分配内容にすることができますが、その時にも、できれば、

遺留分を考慮してあげましょう。

 

相続と遺留分

 

自筆証書遺言を作った時には、必ず下書きを専門家に見てもらいましょう。

また、自筆証書で遺言を書いた時は、保管にも注意しましょう。

ご家族に書いたことを伝えておくのも一つですし、貸金庫や、遺言執行者に預けるのも

ひとつです。

私たちも、遺言執行者となります。

遺言書のお預かりもいたします。


 

            ・・遺言を作ろうと思ったら、私達にご相談下さい・・



あしすと絆 遺言・相続

 

相続手続きの流れ

STEP1

   <公正証書遺言>                   <自筆証書遺言>

          依頼人との打ち合わせ 

・法定相続人の確認                       ・法定相続人の確認

・財産内容の確認                         ・財産内容の確認

・財産の配分                            ・財産の配分

・必要書類の収集                         ・必要書類の収集

遺言書の下書き

・証人の依頼

STEP2

 公証人との打ち合わせ         遺言の下書き作成

・財産目録作成後、提出                     ・財産目録作成後、作成

・遺言書の下書き提出

STEP3

              内容の確認・作成

・遺言者・証人に読み聞かせ             ・依頼人本人の自筆で遺言書作成

     ⇒署名・捺印(押印)

・公証人の署名・押印

STEP4

              遺言書の保管

・原本・・・公証人                             ・遺言者が保管

・正本・・・遺言者

      ※もし、遺言執行者がいたら、遺言執行者が遺言書を保管することもあります。

STEP5

             遺言作成者の死

 

STEP6

              遺言書の開封

・遺言書の保管者が開封               ・遺言書の保管者が家庭裁判所に

   ⇒すぐに相続手続き可能             検認の申し立て

                                 ⇒家庭裁判所において開封


           ※ あなたの書いた遺言書通りに相続が開始します。


遺言サービス

 

※相談料は、60分5,000円です。

但し、その後、仕事になった場合には、あとで、清算させて頂きます。

※遺言、相続共にトータルサポート(一括料金)のシステムもありますので、ご利用下さい。

※必要経費(各種手数料他)につきましては、別に必要となりますので、ご了承ください。

 

       内容     料金
戸籍等の取り寄せ 21,000円〜
自筆証書遺言 63,000円〜
公正証書遺言作成 105,000円
公正証書遺言作成証人 10,500円
相続人調査 52,500円〜
財産調査 52,500円〜
遺産分割協議書作成 63,000円〜
その他関係書類作成 21,000円〜

<参考>公証役場の手数料

 

 



参考として、公正証書作成の手数料です。

     目的の価格     手数料
100万円まで 5,000円
200万円まで 7,000円
500万円まで 11,000円
1,000万円まで 17,000円
3,000万円まで 23,000円
5,000万円まで 29,000円
1億円まで 43,000円
1億円〜3億円まで 13,000円加算/5,000万円毎に

その他のページのご案内

▲このページのトップに戻る