相続

こちらでは相続について紹介いたします。

人が亡くなった時点で、相続が発生します。

 

相続とは・・・

 

死亡その他の事情によってその人の財産上の法律関係を中心とする法律

上の地位を、主として親族関係にある者が受け継ぐことをいいます。

民法896条には、「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属し

た一切の権利義務を承継する」とあります。

被相続人とは、亡くなった人のことで、相続人とは、財産を受け取るひとの

ことをいいます。

この「財産に属した一切の権利義務」には、被相続人の債権・債務のこと

をいいます。債権は、一般的に財産といわれるものです。そして、債務とは、借金のことを言います。

つまり、相続とは、財産だけでなく、借金も相続することになるのです。

相続と遺留分

→法定相続分とは

→法定相続人の話

 

 

 

相続サポート

__sozai__/0004404.png

 

・遺言書の有無の確認・遺言執行者の確認

・公正証書以外の家庭裁判所への検認手続

・相続人調査

・相続放棄・限定承認の確認

・相続財産調査

・相続財産目録作成

・遺産分割協議・遺産分割協議書作成

・準確定申告

・各相続財産の名義変更

・相続税の申告手続き

 

※ちいさなご相談、戸籍謄本1通のお取り寄せから、相続トータルサポートまでさせて頂きます。



→あしすと絆/遺言・相続

 

相続手続きの流れ

STEP1

被相続人の死亡

    相続が発生します。

STEP2

死亡届の提出⇒市区町村役場(7日以内に)

    ・遺言書の有無の確認

        ⇒公正証書以外の遺言書は、家庭裁判所に検認手続

    ・相続人の確定

    ・相続財産・債務の確認

 

→検認とは

STEP3

相続放棄・限定承認⇒家庭裁判所(3か月以内に)

   被相続人に借金がある場合など、3か月以内なら、相続放棄ができます。

   限定承認は、相続人全員でしなければならないので、要注意!

STEP4

所得税の準確定申告⇒税務署(4か月以内に)

STEP5

遺産分割協議(相続人全員で)

    ※もし、相続人の中に、成年で認知症など判断能力の乏しい方がいる場合、

      遺産分割協議のために、その方に成年後見人をつけなければなりません。

    ※協議成立には、相続人全員の一致が必要です。

    ※相続人同士での話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所の調停、審判

      にたよることになります。

STEP6

遺産分割協議書の作成

    作成は、私達にお任せ下さい。

    分割協議書は、相続人の人数分を作成し、各人の印鑑証明を添付し、

    それぞれが所有します。

STEP7

各財産の名義変更手続き

相続サービス

 

※相続については、トータルサポート(一括料金)のシステムもありますので、ご相談下さい。

※必要経費につきましては、別に必要となりますので、ご了承ください。

       内容     料金
相続相談 5,000円/1時間
戸籍の取り寄せ 21,000円〜
相続人調査 52,500円〜
財産調査 52,500円〜
遺産分割協議書作成 63,000円〜
その他関係書類作成 21,000円〜




その他のページのご案内

協議離婚
 
遺言
 
成年後見任意後見
         
   

協議離婚についてご案内しております。

 

遺言についてご案内しております。

 

成年後見任意後見についてご案内しております。

お気軽にご相談ください
03-6761-0917
  090-9243-2221

 受付時間 : 9:00〜18:00(日祝除く)

フォームからのご相談はこちら
▲このページのトップに戻る